FC2ブログ

未経験からの特許翻訳

未経験からの特許翻訳のお手伝いをします。

特許翻訳未経験者がトライアルを受けるまで

 前の記事で翻訳者になるためには、

 1.英語スキル(TOEIC700点程度)を身につける

 2.翻訳会社に登録する(翻訳会社のトライアル試験に合格する)

 3.翻訳会社から継続的に仕事をもらえるようになる

 のステップが王道・・・と書きました。

 軽く書きましたが、実は特許翻訳が未経験の人には「翻訳会社のトライアル試験に合格」するまでがけっこうな難関です。
 なんでかというと、トライアル試験というのは誰でも受けられるものではないのですね。
 トライアル試験を受ける前に履歴書を送って、それをパスしないとトライアル試験は受けられません。
 翻訳会社にとっても、トライアル試験の採点に時間がかかるわけなので、ある程度はふるい落としが必要なのです。
 
 ではどんな経歴ならトライアル試験が受けられるのか!?

 一般的には「特許翻訳の経験が3年以上の方」です。
 こういう経歴ならトライアル試験も簡単に受けられます。

 でもこのブログを見ている方はきっと未経験なわけですよね・・・。
 
 大丈夫です。
 道はあります。
 
 まず、一番王道なのが、特許事務所に転職して特許明細書を10本ほど書くことです。
 特許明細書ってナンじゃ?と思う方もいると思いますが、要するに特許申請書類です。
 特許翻訳では、だいたい特許明細書を翻訳することになります。
 10本書くのにどのくらい時間がかかるかと言うと、事務所によりますが、3ヶ月~半年ぐらいでしょうか?
 
 実際に特許明細書を書いたことのある人だと、トライアル試験のハードルはぐっと下がります。
 なぜなら、特許事務所に在籍 = 専門がある ということですし、
 特許明細書を書いたことがある = 書式を知っているので特許特有の言い回しは理解できているはず。となるわけです。

 もしこれでもダメなようなら、勤務先の事務所内で特許翻訳のチェックをやりたいと申し出てみましょう。
 翻訳のチェックはめんどくさいものが多いので、喜んでやらして(押し付けて)くれるはずです。

 その後で、「特許明細書書けます & 特許翻訳のチェックやってます」と履歴書に書けば、トライアル試験は受けられるはずです。

 でも、転職ができない事情の方もいらっしゃいますよね??

 次回は転職のできない方がトライアル試験を受ける方法について書きたいと思います。

 ポチッと応援いただけると頑張って更新スピードがあがりますっ!!
   ↓


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



トラックバック:0 | コメント:2 | top |

特許翻訳への第1歩

 特許翻訳への第1歩。
 それは専門があるか、ないか・・・です。

 基本的には大学を卒業していて、理系の人は専門があります。
 例えば、生物学部だったら「生物系」が専門になりますし、工学部だったら「機械」や「電気」が専門になります。
 大学で勉強していたことを忘れてしまっても、本を読めばなんとなく思い出すぐらいで大丈夫です。

 この専門があるか、ないかで、翻訳者になるまでの期間は全然違ってきます。
 
 専門がなくて困るのが「代名詞」の訳です。

 例えば、長文で「A and B and C and D,which~」なんて文があったとします。
 この場合の「which」が、A、B、C、Dを指しているのか、Dのみを指しているのか、それは前後の文脈の意味が分からないと訳せません。
 ダメな翻訳者は代名詞を訳すのを徹底的に避けます。
 すぐに「それらは~」とか訳してくるのですが、お客様としてはこれは非常に困ります。
 こういうのをしっかり訳してほしいから、翻訳者にお願いしたいのに!!というところです。
 特許翻訳は法律的な文章なので、「あれ、これ、それ」で訳されると、裁判などで揉める時に非常に困るのです。
 要するに「「それ」って何?はっきり書いてないので不明確です。あなたの権利は認めません」と言われることがイヤなのですね。

 私は副業で翻訳をやっていますが、本業では翻訳者に外注を出す立場なので、こういう翻訳を返されると非常にイライラします。

 なので、特許翻訳者への第1歩として、「まずは自分の専門を見つけよう!!」というところですね。
 
 もし、文系出身だったり、大学へ行っていないとしても、専門を取得するチャンスは無数にあります。
 
 やり方については次回に書きますね。

 
 
 
トラックバック:0 | コメント:0 | top |

翻訳家になるまでの期間

 翻訳家として稼げるようになるまでには、どのくらいの期間がかかるのでしょうか?

 王道のSTEPとしては、

 1.英語スキル(TOEIC700点程度)を身につける

 2.翻訳会社に登録する(翻訳会社のトライアル試験に合格する)

 3.翻訳会社から継続的に仕事をもらえるようになる

 の3STEPですよね。

 だいたいTOEIC700点を取ってからが勝負です。
 TOEICはテクニックである程度カバーできるところがありますので、本当の英語力を反映しているものではありません。
 そのため翻訳会社では「トライアル試験」というものを設けています。
 特許翻訳の場合、ある期間(2週間ぐらいかな?)で実際の特許書類を翻訳して提出することが多いです。
 
 ここが最大のカベですよね。
 TOEICで高得点が取れても、いきなり特許翻訳はできませんから!!

 ここをクリアするために、ある程度、特許翻訳用の勉強をする必要があります。
 時間はかかるけど確実に実力になるのは、翻訳会社や特許事務所への転職でしょう。
 実際に翻訳の現場を見ることでかなりの力になります。

 でもそれが難しいという人は自宅での勉強になりますよね。
 この場合だと、早くで3ヶ月ぐらいかなあ・・・。
 教材選びを間違えなければそのぐらいでいけると思います。
 具体的な勉強方法は後で紹介しますね。

 そんな感じなので仕事をもらえるまでに早くて3ヶ月。

 そこから信用がついて、安定した仕事がくるようになるまでは半年~1年といったところでしょうか?
 
 
 
トラックバック:0 | コメント:0 | top |

未経験からの特許翻訳

 翻訳家として収入を得るためには、まず英語力を上げる必要があります。
 
 エラソーに語ってみましたが、私はTOEIC380点から始めたのです!!

 自分ではソコソコできると思っていたのですが、特許事務所に入所後、なにげなくTOEICを受けて驚愕しました。
 しかも特許事務所には「英語ソコソコできます」と申告しているし・・・。
 TOEIC380点って・・・。

 これはヤバイっ!クビになるっ!と、短期集中。
 半年でTOEIC700まで上げました。

 英語を勉強しながら、特許翻訳にも触れていましたが、特許翻訳に必要となるTOEICは最低600点だと思われます。
 特許翻訳の英文はあまり難しくはないし、600点ぐらいあれば基本の文法も間違えることもない。
 慣れもあると思いますが、600点を取ったころから英語に楽に触れられるようになりました。
 
 一般的に翻訳会社への登録は最低TOEIC700点からです。
 まずはここを目指して勉強するのが、最初のステップだと思います。
 
トラックバック:0 | コメント:0 | top |

特許翻訳の収入って??

 ところで特許翻訳の収入っていくらなの??

 私の副業を知っている人は気になるみたいですねえ。

 特許翻訳の収入は、単語数とレートで決まります。
 
 翻訳した単語数×レート=収入 というわけですね。

 それではレートがいくらかというと、それはその人によって違います。
 私の場合は13円~25円前後。
 どうしてこんなに違うかというと、翻訳会社経由か、直接仕事をもらっているかの違いです。
 
 もっともらっている人もいると思いますが、私は副業で時間の融通をお願いしているのでこんなものです。
 
 では月額いくらになるのか??ということですが、これは個人差が激しいですよねえ・・。
 私の場合、仕事をもらうと1日に1500ワードは翻訳しています。
 レートを13~25円の平均値である19円で計算すると・・・

 単純に計算して、1日に1500ワード×19円なので、28500円
 月に20日労働だと、28500円×20日=570000円ですねえ。
 すごい数字だ!!!

 実際には、毎日仕事があるとは限りませんし、単価が安くて手間がかかる仕事もあります。
 まあ計算上の月収ですけどね。

 というわけで特許翻訳は在宅でもできる仕事としては、かなり高収入なのでは??と思っています。
トラックバック:0 | コメント:0 | top |